料金

家庭教師の料金は、家庭教師の種類、地域、指導する生徒の年齢などによって大きく違ってきます。


家庭教師の派遣会社によっては、契約金や入会料が必要な場合もありますし、教材の購入が必要なこともあります。


退会するときに違約金を求められたり、返金されるはずのお金が戻らなかったりするトラブルも、全くないわけではありませんので、インターネットや口コミなどでよく調べた上で、直接電話をしたり訪問したりして、話しをしてみることをお奨めします。


ホームページなどでは、家庭教師の料金は非公開になっている所が多いのですが、直接尋ねれば具体的な金額を教えてくれます。


一般的に関東地方よりも関西地方の方が家庭教師の相場は安い、と言われています。


この理由は地域としての物価の格差もありますが、特に中学校や小学校受験への受験戦争の過熱度の違いが上げられます。


東京、神奈川などを中心とした関東地方に比べて、京都や大阪などの関西地方ではまだまだ一部の人たち対象にすぎないのが実態です。


個人の家庭教師と契約する場合には料金は話し合いとなりますが、派遣会社や大学の家庭教師紹介センターなどで、大体の料金の相場を調べておけばいいでしょう。


派遣会社の場合は、大学生よりもプロの家庭教師を選択した方が高額な料金を請求されますが、これは仕方のないことでしょう。


大学の家庭教師紹介サークルなどを通した場合は、多少の手数料がかかりますが、派遣会社よりは安くて済みます。


子供の一生を決めるかも知れない受験勉強を託す、家庭教師の料金です、どこまで出せるのか、本当に各家庭によって事情が違ってくるのが現実でしょう。

posted by 家庭教師本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家庭教師